• しごと探し
     
  • しごと
     
     遊佐は人口14,800人弱の小さな町で、職場の数にも限りがあり、勤め人は酒田市やにかほ市に通う方が多いです。
     賃金は、厚生労働省が公表した山形県の最低賃金時間額によると東京の76.6%です。(平成26年度公表)
     不動産にかかる費用は東京と比較すると格段に安く済みますが、生活をしていくうえでは、車両費用や冬の暖房代などは大きな出費になります。移住を考える際には生活スタイルを充分に考えたうえでご検討ください。
     
     
     

     
    産業~食の安心・安全~
     
     庄内地方でも遊佐町の食べものの美味しさは評判です。
     主な産業は農業で稲作が中心です。
     「生活クラブ生協」と提携した安心・安全な共同開発米「遊YOU米」の生産は500軒に及ぶ生産者が携わり、安全と環境にも配慮した農業をめざしています。
     また、海岸線に広がる砂丘地を利用したメロン、スイカ、長芋、大根等の栽培、そして、鳥海山麓ではウルイなどの山菜や、庄内柿、梨の栽培などが盛んです。
     遊佐町ではパプリカが栽培されており、その生産者数は日本一と言われています。土耕で栽培されたパプリカの味はサイコーです。
     漁業は、海の天然岩ガキを主力とし、川を遡上する数万匹に及ぶ鮭の漁がおこなわれています。鮭の採卵~稚魚の放流が盛んに行われ、鮭やイクラの加工販売もおこなわれています。
    都会生活が長い人は、皆、遊佐の地場産の野菜や海産物の美味しさに驚きます。農家のばあちゃんが作る野菜は格別の美味しさです。

     
  • 〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 TEL.0234-28-8257 FAX 0234-72-3315
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。