• 就農支援情報

    遊佐町は、鳥海山の豊富な水資源に恵まれ、安心・安全な米作りを始めとして(※1)、
    海岸線に広がる砂丘地を利用したメロン、長芋、大根等の栽培、そして、鳥海山麓では
    山菜のウルイや庄内柿、梨などの栽培などが盛んな、農業の町です。
    また、ハウスで栽培されるパプリカの生産者数は日本一です。

    ※1:生活クラブ生協と提携した安全・安心な共同開発米「遊YOU米」の生産は500軒に及ぶ生産者が携わり、
    ※1:環境にも配慮した農業を行っています。

    就農を希望する方は、農業の持つリスクや厳しさを理解したうえで、経営が軌道に乗るまでは根気と資金が必要になることを充分に理解していただき、情熱をもってチャレンジしてください。
    そのような方を、遊佐町は応援させていただきます。

     

  • 就農支援情報

     移住をお考えの方の中には、移住先で就農をお考えの方もいらっしゃると思います。
    そのような方に、遊佐町では現在のところ以下のような支援を行っています。(平成27年6月現在)

    新規就農に向けた実務研修や新規就農者に対する育成支援事業情報

    詳細は以下のリンクをご覧ください

     

    青年就農給付金(準備型)
    内容 都道府県が認める道府県農林大学校や先進農家・先進農業法人等で研修を受ける就農予定者
    給付額 年額150万円(最長2年間)
    問合せ 産業課農業振興係 TEL:0234-72-5882
     
     
     
    青年就農給付金(経営開始型)
    内容 経営の不安定な就農初期段階の青年就農者に経営開始型の給付金(※)を給付するものです。
    給付額
    ひとり当たり最大年間150万円。
    給付金は所得に応じて変動します。(最大5年間)
    問合せ 産業課農業振興係 TEL.0234-72-5882
    ※青年就農給付金(経営開始型)とは
    青年就農給付金には「準備型」と「経営開始型」とがあります。
    ・「準備型」は、都道府県が認める道府県農業大学校や先進農家・先進農業法人等で研修を
     受ける就農者に、最長2年間、年間150万円を給付します。
    「経営開始型」は、新規就農される方に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、
    年間最大150万円を給付します。
     

     
    青年新規就農者の免許・資格取得を支援します
     
    本制度の主旨
    遊佐町の農業の担い手となる青年新規就農者を育成するため、農業経営に必要な農業機械等の免許・資格取得を支援します。
    対象者 青年就農給付金事業の青年就農給付金(経営開始型)の給付を受けている方
    対象免許・資格
    大型特殊自動車免許・けん引免許、その他農業経営を行うために必要な免許・資格
    補助金額 免許・資格取得にかかる教習料・受験料・受講料等のうち2分の1、上限10万円
    問合せ 産業課農業振興係 TEL.0234-72-5882

     


    空き農地バンク情報
     
    内容 空き農地の情報を管理し、定年帰農業者(※)等に貸出しするものです。
    問合せ 農業委員会 TEL.0234-72-5890

    ※定年帰農業者とは
    農村出身者が定年退職後に故郷の農村へ戻り、農業に従事すること。また、出身地を問わず、
    定年退職者が農村に移住し、農業に従事することをもいいます。

    「空き農地バンク」は、定年帰農業者以外の方への貸し出しを行っております。詳しくは、農業委員会にお尋ねください。


     

  • 〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 TEL.0234-28-8257 FAX 0234-72-3315
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。