移住支援制度 概要

制度 事業・事業内容 問い合わせ先
住宅新築 定住住宅新築支援金
町内に定住を目的とした専用・併用住宅の新築工事に対し以下の額を支援します。(対象条件あり)
◆交付対象工事費の12%、上限120万円まで
※建主が満40歳未満もしくは移住者の方は上限140万円まで
地域生活課管理係
0234-72-5883
中古・新築住宅の購入 定住住宅取得支援金
定住を目的として町内の中古・新築住宅の購入に対し以下の額を支援します。
◆交付対象取得費の12%、上限120万円
※買主が満40歳未満もしくは移住者の方は上限140万円まで
地域生活課管理係
0234-72-5883
リフォーム 持家住宅リフォーム支援金
購入した持ち家をリフォームする方に、工事費の一部を助成します。(対象条件あり)
◆費用20万円以上の工事費の12%
※ただし下水道等接続工事と同時に行う場合は、対象工事費100万円まで22%、超える分は12%(上限100万円)
地域生活課管理係
0234-72-5883
水道料金補助 若者移住世帯水道料金補助金
定住する目的で移住した、全員移住者で構成される若者世帯(※要件あり)で、転入よりおおむね3か月以内に申請した方を対象に、上水道料金の一部を補助します。
(1か月分の上水道使用量-10㎥)×140円
移住した翌月分から最大36か月
詳細チラシ(PDF)
企画課定住促進係
0234-28-8257
空き家バンク物件の改修 移住推進空き家利活用支援事業
空き家バンク登録物件を購入・賃借して改修した場合、工事費の一部を補助します。所有者工事の場合
若者世帯+県外者 購入1/2(上限30万円) 賃貸1/3(上限20万円)上記いずれか1つに該当 購入1/3(上限20万円) 賃貸1/4(上限15万円)
上記いずれにも該当しない 購入1/4(上限15万円) 賃貸1/6(上限10万円)
※利用者工事の場合は、所有者工事の賃貸の補助率と同じ
企画課定住促進係
0234-28-8257
空き家バンク物件の家財処分 空き家利活用促進事業
空き家バンク登録物件に残存する家財道具などの処分・搬出・清掃にかかる経費の補助を行います。
(経費の1/2、上限20万円)
企画課定住促進係
0234-28-8257
お試し住宅 遊佐町の生活を体験したり、空き家探しのために利用できます。2~7泊(冬期間は90泊)までのご利用が可能です。
詳しくはコチラ
企画課定住促進係
0234-28-8257
家探しの際の宿泊費補助 遊佐町空き家バンクの利用者登録をされている方が、空き家探しをするために来町された際、1泊2食付きの宿泊費の一部を補助します。
詳しくはコチラ
NPO法人いなか暮らし遊佐応援団
0234-43-6941

お問い合わせはこちら



【移住全般・空き家バンクに関すること】
 遊佐町役場企画課定住促進係
 0234-28-8257

【集落に関すること】
 集落支援員
 0234-72-3981

【体験ツアーや移住者交流会に関すること】
 NPO法人いなか暮らし遊佐応援団
 0234-43-6941